渡り柄杓
わたりびしゃく

 京都府に伝わる火の妖怪。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「ワタリビシャク 丹波の知井の山村などでは光り物が三種あるという。その一はテンビ、二は人ダマ、三はこのワタリビシャクで蒼白い杓子形のものでふわふわと飛ぶという。名の起りはほぼ明かだが、何がこれになるのかは知られて居ない」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system