笑い男
わらいおとこ

 高知県に伝わる妖怪。
 昔、樋口関太夫という、知行300石の船奉行を勤める人がいました。ある日、関太夫が猟をするために山北へ行くと、農民たちに「月の1日、9日、17日に山に入ると笑い男に遭って半死半生になる」と忠告されました。しかし、関太夫は忠告を無視して、家来とともに山に入ってしまいました。山の中で雉を獲ろうとしていると、一町先の松林に、関太夫を指さして笑う、15、6歳ほどの子供がいました。その笑い声は次第に高くなっていき、そのうちに子供の傍の石や草木や山まで笑っているように見えてきて、風や水の音まで笑い声に聞こえてきたので、関太夫と家来は慌てて逃げ出しました。
 その笑い声は、その年が終わって、関太夫が病死するまで、ずっと耳の底のほうに残っていました。また、この出来事を思い出すときには、耳の近くで発砲音のようなものが聞こえたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system