分部火
わけべのひ

 『諸国里人談』に記されている火の妖怪。
 伊勢国(三重県)の安濃津塔世の川上分部山から、小さい火が50も100も出現して飛び、そのうち5、6尺ほどに固まって、塔世川を下っていきます。その速さは川の水よりも速いそうです。
 この火は、鬼の塩屋の火という怪火と戦うかのように飛び交うことがあります。2つの怪火は合体したり分裂したりしながら、片方は川上へ、もう片方は沖に飛び去ります。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system