ルアヒネ・マタ・マオリ
Ruahine-Mata-Maori

 ニュージーランドのマオリ族に伝わる女の妖怪。
 正体は巨大で醜いですが、魔法で人間の姿になります。そして、人に親切にする素振りを見せて、油断させて食べてしまいます。
 昔、パオワという男性が、ルアヒネ・マタ・マオリのいる島に上陸したことがありました。ルアヒネ・マタ・マオリは、パオワを食事に誘いましたが、パオワは危険を感じて、カヌーで逃げ出しました。しかし、ルアヒネ・マタ・マオリは赤土を身体に塗り、泳いでパオワを追いかけました。パオワは洞窟に避難し、岩で洞窟の入り口を塞ぎました。パオワが洞窟の中で火を焚いて料理を作り、岩の間から料理を差し出すと、ルアヒネ・マタ・マオリはそれを受け取りました。パオワの料理を気に入ったルアヒネ・マタ・マオリは、パオワに「お前の口に入れてあげよう」と言われて、目を瞑り、大きな口を開きました。パオワはその口に真っ赤に燃えた炭を入れて、ルアヒネ・マタ・マオリを倒しました。

 


参考文献
本世界の怪物・神獣事典』 キャロル・ローズ、松村一男 監訳 (原書房)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system