老人の火
ろうじんのひ


『絵本百物語』二 「老人の火」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 『絵本百物語』(1841)に描かれている火の妖怪。
 「木曾の深山にや老人の火といふ物あり 是を消さんとするに水をもって消共更にきへず 畜類の皮を以て消ば老人ともに消るといへり」 と記されています。
 老人の火は、信州(長野県)と遠州(静岡県)の境の山奥で、雨の降る夜に多く出るものだそうです。一本道でこれに遭遇したとき、頭に履物を乗せて行き過ぎれば火は脇のほうへ飛んでいきますが、もし驚いて逃げてしまうと、火はどこまでもついてきます。「天狗の御燈」とも呼ばれていて、山気とも奇鳥の息とも云われているそうです。

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system