羅刹鬼
らせつき

 岩手県に伝わる
 盛岡付近の里を荒らしていましたが、三ツ石の神がこれを懲らしめ、もう里には来ないと約束させました。その際、羅刹鬼は証拠として岩に手形を残しました。その岩は三ツ石神社のご神体になったそうです。
 「岩手」という県名はこの話に由来していると云われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system