ユーリー

 沖縄県に伝わる、妖怪の総称、あるいは死霊。
 金城朝永の「琉球妖怪変化種目」(1931)に「ユーリー (幽霊) マジムンと同義語。但し田舎ではそうでもないが、那覇では、単に人間の死霊のみに使用されている。これに反してマジムンは人間、動植物、器物の化物にも用う」 と記されています。
 また、ユーリーは白い着物を着た人型のもので、髪が顔に被るほど長く、背の高さを自由に変えることができるとも云われています。
 今帰仁村天底の馬場あたりに、空まで届いてしまうほど背の高いユーリーが現われたことがありました。これに遭遇したときは、「シータカ、シータカ」と言って背を高くさせて、その後に「シーヒク、シーヒク」と言って低くさせてから鞭や小枝で打てば、青く光って四方へ散るそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『怪異の民俗学2 妖怪』 小松和彦・責任編集 (河出書房新社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 琉球妖怪変化種目―附民間説話及俗信― 金城朝永 1931年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system