ユナーメー

 沖縄県に伝わる妖怪。
 金城朝永の「琉球妖怪変化種目」(1931)に「ユナーメー 髪の毛のぼうぼう生えた怪物。或は那覇上泉町地蔵前の石川家に保管された木面で、この面を被って「メーメー、ワーワー」と威すと夜泣をする小児がマブイを落さないで夜泣の癖が治ると云う。 この木面は昔、木屋のハンシー(士族の祖母)が、潮の崎で洗濯していた時、流れて来た小箱の中の面で、現に同家に伝えられ、朔日と十五日はウブク(供物)を上げて拝んでいる。(那覇、山城正択氏談)」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『怪異の民俗学2 妖怪』 小松和彦・責任編集 (河出書房新社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 琉球妖怪変化種目―附民間説話及俗信― 金城朝永 1931年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system