夜雀
よすずめ

 愛媛県、高知県、和歌山県に伝わる妖怪。
 夜の山道を通るとき、たまに「チッチッチ」「チンチンチン」などと鳴きながら、前や後ろについてくるもの。
 和歌山県では、奈良県との境の旧道に現われたと云われています。これが憑いているときは送り狼が山の妖怪から守護してくれているそうです。
 高知県では不吉なものだとされ、夜雀に憑かれないためには、「チッチッチと鳴く鳥をはよ吹き給え伊勢の神風」や「チッチッチと鳴く鳥はシチギの棒が恋しいか、恋しくばパンと一撃ち」などと呪文を唱えれば良いと云われています。また、夜雀に遭遇した人によると、夜雀は蛾に似たもので、色は黒く、「チャッチャッ」と鳴いて懐や笠に入ってくるそうです。あまりにも五月蝿すぎて歩くことも難しくなりますが、気を落ち着かせて歩いていると、やがていなくなったそうです。
 愛知県でも蛾のようなものだとされていて、歩くのが困難になるほど飛んでくることがあります。夜雀が出るのは山犬が現われる前兆なのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system