夜半人
よはしと

 鹿児島県の奄美大島に伝わる怪異。
 夜半、首無し馬に乗った侍の幽霊がクイナとともに現われて、明かりを灯した家に入っていきます。これに遭ったときは爪を隠せばよいと云われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system