夜釜焚
よがまたき

 新潟県に伝わる怪異。『北越奇談』にあるもの。
 ある日の夜、男性が夜遊びをして帰る途中、うつむいたまま道に座っている怪しい男性を見つけました。こっそりとその男性を見ていると、彼の足と足の間から、一尺ほどの大きさの青白い火が出てきました。それを見た男性が驚いて声を出すと、その怪しい男性はこちらを向いて笑い、姿を消しました。
 次の日の朝、男性が草を取っていると、昨日の怪しい男性が現われ、「昨日の事は誰にも話すな」と忠告して帰って行きました。その後、男性は病気になってしまいました。
 この怪異に遭ってしまった者は、3年以内に死んでしまうそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system