ヤウシケブ

 アイヌ民族に伝わる、赤い蜘蛛の妖怪。
 礼文華の山にある洞窟に棲んでいました。身体の大きさは1ヘクタールもあり、これが村で暴れるので、あるとき、海の神レブンカムイがヤウシケブを海の中に連れ去りました。その後、ヤウシケブは大きな蛸になって猟師を襲ったそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system