山童
やまわらわ


『画図百鬼夜行』陰 「山童」
鳥山石燕
【江戸時代】

『百怪図巻』 「山わらう」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 九州などに伝わる、山に現れる妖怪。
 山仕事を手伝ってくれたり、弁当を盗んだりします。ヤマワロ、ヤマワランベなどとも呼ばれます。
 熊本県などでは、河童(ガラッパ)は秋になると川から山に移動して山童になり、春になると川に移動して、また河童に戻ると云われています。山童も、河童のように相撲を取ることがあるそうです。

 

日本各地に伝わる山童の類
名前 地域
オジドン 鹿児島県
カシャンボ 三重県
カシラ 和歌山県
木の子(キノコ) 奈良県
クサビラ 奈良県
メラ 福岡県
山ウロ(ヤマウロ) 長崎県
山オジ(ヤマオジ) 鹿児島県
山オロ(ヤマオロ) 長崎県
山太郎(ヤマタロウ) 奈良県
山童(ヤマワラワ) 九州
ワロドン 鹿児島県

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system