山姥
やまうば、やまんば


『画図百鬼夜行』陰 「山姥」
鳥山石燕
【江戸時代】

『百怪図巻』 「山うは」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 日本各地に伝わる妖怪。
 山に住む老婆だとされ、人を襲って食べるなどと云われています。
 高知県では、山姥は山爺と夫婦だとされています。里に来た山姥が畑に憑くと豊作になり、家が富みますが、山姥を追い出すと不作になるそうです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system