八岐大蛇
やまたのおろち

 『日本書紀』や『古事記』に記載されている大蛇。
 8つの頭と8つの尾、ホオズキのように赤い目を持ち、8つの谷、8つの尾根に跨ってしまうほどの巨体には、苔や杉や檜が生えていて、腹はいつも流血して爛れているそうです。
 かつてスサノオノミコト(素戔嗚尊)は、高天原を追われて出雲国に降り立ちました。川を流れる箸を見たスサノオは、近くに人が住んでいるのだろうと考え、川の上流へ向かうと、そこには娘を囲って泣いている老夫婦・アシナヅチ(足名椎)とテナヅチ(手名椎)がいました。泣いている訳を訊ねてみると、夫婦は、この地では毎年一人ずつ娘を生贄に捧げていて、今年は自分たちの娘・クシナダヒメ(櫛名田比売)の番であることを話しました。そこでスサノオは、夫婦に酒の入った酒槽を用意させ、大蛇退治の準備を始めました。やがて大蛇が姿を現しましたが、大蛇はスサノオの思惑通りに酒を飲み、酔って眠ってしまったので、スサノオは十拳剣(とつかのつるぎ)で大蛇を切り刻んで、退治しました。すると、大蛇の尾から立派な剣が出てきました。この剣は後に草薙剣(くさなぎのつるぎ)と呼ばれ、八咫鏡(やたのかがみ)・八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)とともに「三種の神器」に数えられるようになりました。

 


参考文献
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『図解雑学 神道』 井上順孝=編著 (ナツメ社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system