幽谷響
やまびこ


『画図百鬼夜行』陰 「幽谷響」
鳥山石燕
【江戸時代】

『百怪図巻』 「山びこ」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 日本各地に伝わる山中のこだま現象。
 江戸期の絵巻に「山彦」「山びこ」という名前で動物の姿の妖怪が描かれています。鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)にも「幽谷響」として、やはり同様の妖怪が掲載されています。このような姿の妖怪が山彦を起こすと考えられていたのかもしれません。

 

日本各地に伝わる山彦の類
名前 地域
山のオンバ(ヤマノオンバ) 静岡県
山の小僧(ヤマノコゾー) 静岡県
山の婆々(ヤマノババ) 静岡県
ヤマヒコ 高知県
山彦(ヤマビコ) 日本各地
呼子(ヨブコ) 鳥取県
呼子鳥(ヨブコドリ) 鳥取県

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system