ムヌ

 沖縄県に伝わる妖怪。
 金城朝永の「琉球妖怪変化種目」(1931)に「ムヌ 漠然として形を現わさないようである。妖怪のことを「ヤナ・ムヌ」(悪物)とも云われる。人が神隠しにあったように突然行方不明になる時は「ムヌ・ニ・ムタリユン」(ムヌに持たれる)―日本の天狐に攫われる―と云い、又迷子になる事を「ムヌ・マイー」(物迷い)と云う。「ムヌ」に「ムタレ」た人を発見したら最初左足で三度臀部を蹴ると「ムヌ」は去ってしまう」 と記されています。

 


参考文献
本 『怪異の民俗学2 妖怪』 小松和彦・責任編集 (河出書房新社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 琉球妖怪変化種目―附民間説話及俗信― 金城朝永 1931年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system