魍魎
もうりょう


『今昔画図続百鬼』明 「魍魎」
鳥山石燕
【江戸時代】

 中国から伝わった妖怪。
 子供くらいの大きさをした妖怪で、亡者の肝を食べるとされています。また、『和漢三才図会』や中国の『左伝』では、魍魎は水の神だとされています。このような特徴から、日本では火車河童と混同されることもあるようです。
 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)にも死体の頭に食らいつく魍魎が描かれ、「形三歳の小児の如し 色は赤黒し 目赤く耳長く髪うるはし このんで亡者の肝を食ふと云」 と記されています。この石燕が記した魍魎の特徴は、中国の『准南子』にも見られます。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system