モシリシンナイサム

 アイヌ民族に伝わる、動物の姿に化けて人を狙う妖怪。
 村の外れにある湿地に出るもので、これの姿や足跡を見てしまった人は長く生きることができず、不幸な人生を送ることになります。この妖怪は大きさが馬くらいで、身体には黒と白の斑模様があります。
 大きな鹿が道にいたのに、あっという間に消えることがあると、それはモシリシンナイサムが狙っている証なのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system