もる火
もるひ

 青森県に伝わる火の妖怪。
 雨が降る夜に、水死や首吊りがあった所に青い火が現われるそうです。この火は、頭や胴体に該当する辺りは人間の指よりも太い程度で、足の辺りはぶらりと下がっているとされ、これが宙に浮いているのだと云われています。
 この火の悪口を言うと付き纏われるそうで、打っても細かく分裂し、やはり付き纏い続けます。
 これに遭遇したときは念仏を唱えれば退散するそうです。また、部屋に灯火があれば、その部屋の中までは入らないと云われています。

 ちなみに宮崎県では、亡霊のことをモリと呼び、亡霊が灯した火をモリ火と呼びます。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system