百々爺
ももんじい


『今昔画図続百鬼』明 「百々爺」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)に描かれている妖怪。
 「百々爺未詳 愚按ずるに山東に摸捫ぐはと称するもの一名野襖ともいふとぞ 京師の人小児を怖しめて啼を止むるに元興寺といふ ももんぐはとがごしとふたつのものを合せてももんぢいといふ  原野夜ふけてゆききたえきりとぢ風すごきとき老夫と化して出て遊ぶ 行旅の人これに遭へばかならず病むといへり」 と記されています。
 ちなみに「モモンジイ」という言葉は、東京都、山梨県、神奈川県、静岡県などでは妖怪を意味する児童語だそうです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system