木綿ひき婆
もめんひきばばあ

 福岡県に伝わる妖怪。
 屋敷町に空き地があって、そこに大きな落葉樹が生えていました。風が吹くと、落葉樹から綿繰り車のような音が聞こえることがあり、これが聞こえると木綿ひき婆だと言って恐れていたそうです。落葉樹の下に綿繰り車を回す白髪の老婆がいるのだと云われていて、そこへ行った人は老婆に恐ろしい目で睨まれるのだそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system