蒙古高句麗
もくりこくり

 和歌山県に伝わる妖怪。
 3月3日に山、5月5日に海に現われるそうです。
 麦畑に現われるときは人間の形になり、高くなったり低くなったりします。鼬に似た姿をしているとも云われ、夜に麦畑で人の尻を抜きます。海の上に現われるときは海月に似た形で、群れをなして漂うそうです。
 その正体は、蒙古が来た際に水死してしまった者の魂だとされています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system