弥山の拍子木
みせんのひょうしぎ

 広島県の宮島に伝わる音の怪異。
 弥山に行くと、たまに拍子木を打ったような大きな音が聞こえてくることがあります。ある樵がこれを耳元で聞いて、吃驚して逃げ出しました。すると仁王門付近でまたこの音を聞いて、再び驚かされたそうです。
 この音は島の守り神が発する音なのだと云われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system