蓑火
みのび


『今昔百鬼拾遺』霧 「蓑火」
鳥山石燕
【江戸時代】

 滋賀県に伝わる火の妖怪。
 5月ごろ、琵琶湖で船に乗っていると、蓑に火がついて燃えることがありました。火は払っても消えずに大きくなりますが、蓑を脱ぐと消えます。琵琶湖で溺れて死んだ者の霊が、この火になったのだと云われています。

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)にも蓑火という妖怪が描かれ、「田舎道などによなよな火のみゆるは多くは狐火なり この雨にきるたみのの嶋とよみし蓑より火の出しは陰中の陽気か 又は耕作に苦める百姓の臑の火なるべし」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system