耳切り坊主
みみちりぼーぢ

 沖縄県に伝わる妖怪。
 金城朝永の「琉球妖怪変化種目」(1931)に「ミミチリ・ボージ (耳切坊主) 大村御殿に誅された琉球の伝説中の怪僧「黒金座主」の化けたものと伝う。首里那覇辺りの子守歌に次の如きものがある。 ユサンデマチカイ(夕方市に) イクナヨ(行くなよ) ウフムラウドンヌ(大村御殿の) カドナカイ(角には) ミミチリボージヌ(耳切坊主が) タッチョヤビン(立っています) イクタイイクタイ(幾人幾人) タッチョヤビガ(立っています) ミッチャイミツチャイ(三人三人) タッチョヨヤビン(立っています) イラナンシイグン(鎌も小刀も) ムッチョヤビン(持ってます) ナチュルワラビヌ(泣く童の) ミミゴソゴソ(耳を切るぞ)」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)
本 『怪異の民俗学2 妖怪』 小松和彦・責任編集 (河出書房新社)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 琉球妖怪変化種目―附民間説話及俗信― 金城朝永 1931年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system