箕借り婆
みかりばばあ

 神奈川県、東京都、千葉県などに伝わる、一つ目の老婆の妖怪。
 12月8日あるいは2月8日(事八日)に家へとやって来て、箕や人の目を借りていく者だとされています。
 ミカリ婆は笊や籠など、目が多い物を怖がると云われているので、ミカリ婆が来る日になると、家の戸口などにそうした物を置いておきました。ただし、それとは反対に、目の多い物があると喜ぶと伝える地域もあるそうなので、注意が必要です。
 神奈川県でも、12月8日になるとミカリ婆さんが一つ目小僧、八つ目小僧、ヨウカゾウなどと共に来ると云われています。ミカリ婆は火をくわえて飛来する者であり、地面に落ちている米を拾うほど欲張りなのだそうです。ミカリ婆が訪れるよりも前の12月1日には、ツヂョー団子(庭に落ちている米を材料にした団子)を3つ作って串に刺し、戸口に置きます。これはミカリ婆の来訪を阻止し、火事を防ぐ意図があるようです。しかし、これはあまり効果がないようで、8日になるとやはりミカリ婆が訪れてしまいます。そのため、8日には笊や目篭を戸口に置いたり、棟に上げたりするのだそうです。
 この来訪者はミカワリ婆、目借り婆さんとも呼ばれています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system