見上げ入道
みあげにゅうどう

 新潟県に伝わる妖怪。見越の類。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「ミアゲニュウドウ 東京などの子供が見越し入道というのも同じもの、佐渡では多く夜中に小坂道を登って行く時に出る。始めは小坊主のような形で行く手に立塞がり、おやと思って見上げると高くなり、後には後へ仰けに倒れるという。これに気づいたときは、 見上げ入道見こした という呪文を唱え、前に打伏せば消え去るといい伝えて居る(佐渡の昔話)。壱岐では東京と同じに見越し入道というが、夜中路をあるいて居ると頭の上でわらわらと笹の音を立てる。その時黙って通ると竹が倒れかかって死ぬから、やはり「見こし入道見抜いた」といわなければならぬといって居る(続方言集)」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system