目競
めくらべ


『今昔百鬼拾遺』雨 「目競」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)に描かれている大量の髑髏の怪。
 「大政入道清盛ある夜の夢にされかうべ東西より出てはじめは二つありけるがのちには十二十五十百千万のちにはいく千万といふ数をしらず 入道もまけずこれをにらみけるにたとへば人の目くらべをするやう也しよし 平家物語にみえたり」 と記されています。
 この逸話は『平家物語』「物怪之沙汰」にあります。福原にいた平清盛の前に、無数の髑髏が出現。髑髏はやがて纏まって4〜5丈ほどの巨大な髑髏になりましたが、清盛が恐がらずに睨めつけると、髑髏は消滅してしまったそうです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system