迷い火
まよいび

 山口県に伝わる火の妖怪。『岩邑怪談録』に記されています。
 尾津という場所の沖に、山田某という人が遊びに来ていました。夜になって帰ると、たくさんの迷い火が天地の沖から出没。大勢の人間の顔が火の中に見えたそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system