マタウ
Matau

 ニュージーランドのマオリ族に伝わる巨人。
 人間の姿に似たもので、南島で暮らす人間を食べていたそうです。
 あるときマタウは、村の少女マナタを誘拐し、魔法で拘束して奴隷にしました。マナタの恋人マタカウリがマナタを探し出すと、マナタが流した涙によって、拘束していたロープの魔法が解けました。そしてマタカウリは、羊歯が覆う山中の穴で寝ているマタウを発見。マタカウリが羊歯に火を放つと、マタウは熱さと煙で死んでしまいました。マタウの死体は溶けて地に染み込み、巨大な裂け目ができました。マタウの心臓の鼓動は死んだ後も止まることがなかったので、マタウが死んだ穴には、湖から送り出された水が溜まっているそうです。

 


参考文献
本世界の怪物・神獣事典』 キャロル・ローズ、松村一男 監訳 (原書房)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system