豆狸
まめだぬき


『絵本百物語』二 「豆狸」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 西日本に伝わる
 徳島県では、夜に山の中で火をおこすと云われていて、それが出た次の日には雨が降るとされていました。
 兵庫県では、夜、酒が酒樽からこぼれる音を出すと云われていました。また、この狸が酒蔵の中にいないと、いい酒がつくれないとも云われていたそうです。
 大阪府では、豆狸が人間にとり憑くことがあったようです。

 『絵本百物語』(1841)にも豆狸が描かれ、「小雨ふる夜は陰嚢をかつきて肴を求めに出るといふ」 と記されています。

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system