ひょうすべ


『画図百鬼夜行』風 「ひょうすべ」
鳥山石燕
【江戸時代】

『百怪図巻』 「へうすへ」
佐脇嵩之
【江戸時代】

 宮崎県、佐賀県、熊本県などに伝わる河童
 熊本県や宮崎県では、春や秋になると、ひょうすべが彼岸を渓流に沿って移動すると云われています。
 ひょうすべという名称については、ひょうすべの「ヒョーヒョー」という鳴き声からつけられたという説や、武神の兵主神(ヒョウズシン)と関連しているという説などがあります。

 ひょうすべの姿は、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』(1776)や佐脇嵩之の『百怪図巻』(1737)などに描かれています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪図巻』 京極夏彦 文、多田克己 編・解説 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 河童をヒヤウスベと謂うこと 毛利龍一 1914年


もののけが集うホームページ

 

 

inserted by FC2 system