ホトゥ・プク
Hotu-puku

 ニュージーランドのマオリ族に伝わる、人を襲うトカゲのような妖怪。体が棘や疣で覆われています。
 あるとき、狩人たちがホトゥ・プクを退治しようと、妖怪の潜む洞窟の出入口に、輪縄でつくった罠を仕掛けました。狩人が洞窟に向かってホトゥ・プクを馬鹿にする言葉を言い放つと、怒ったホトゥ・プクが出現。狩人が縄を引っ張り、別の狩人が縄に引っかかって動けなくなったホトゥ・プクを槍で刺し殺しました。ホトゥ・プクの腹を裂くと、中には行方知れずになっていたたくさんの村人の遺体が入っていたそうです。

 


参考文献
本世界の怪物・神獣事典』 キャロル・ローズ、松村一男 監訳 (原書房)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system