骨傘
ほねからかさ


『画図百器徒然袋』上 「骨傘」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『画図百器徒然袋』(1784)に描かれている傘の妖怪。
 「北海に鴟吻と言へる魚あり かしらは龍のごとくからだは魚に似て雲をおこし雨をふらすと このからかさも雨のゑんによりてかかる形をあらはせしにやと夢のうちにおもひぬ」 と記されています。
 鴟吻しふん鴟尾しびとも呼ばれるもので、雨を降らすとされるしゃちほこの原型だといわれています。この鴟吻から、石燕は傘の妖怪を連想したようです。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system