ヒザマ

 鹿児島県の沖永良部島に伝わる火の妖怪。
 赤い頬と胡麻塩色の羽の、鶏に似た姿の妖怪。火事を起こすものとされています。空の桶や瓶に憑くと云われていたので、ヒザマの害を防ぐには、いつも桶や瓶に水を入れておいて、空にしないようにするのがよいそうです。
 ヒザマが家に取り憑いたときは、ユタ(巫女)を呼び出して、ヒザマを追い出す儀式が行なわれました。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system