火を貸せ
ひをかせ

 愛知県に伝わる怪異。
 柳田國男の「妖怪名彙」(1938)に「ヒヲカセ 火を貸せという路の怪が出る場処が、三河の北設楽郡にはある。昔鬼久左という大力の男が夜路を行くと、さきへ行くおかっぱの女の童がふりかえって火を貸せといった。煙管を揮って打据えようとして却って自分が気絶してしまった。淵の神の子であったろうという(愛知県伝説集)。或はこれとは反対に、夜分人が通ると提灯のような火が出て送って来るというような所もあった。或村の古榎の木の下まで来ると消える。それでその古木を伐ってしまったら出なくなったという(同上)」 と記されています。

 


参考文献
本妖怪談義』 柳田國男 (修道社)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 妖怪名彙 柳田國男 1938〜1939年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system