棺のマジムン
ひつぎのまじむん

 沖縄県に伝わる妖怪。
 棺の板切れが、女、山羊、雄牛、化け物などに化けたもの。
 夜、ある男性が稲嶺から帰る途中で白い山羊を見かけました。不審に思った彼は、山羊を追いかけて浜辺で捕獲。山羊を縛って浜に置いて帰り、妻に山羊のことを話すと、彼は熱を出し、やがて死にました。朝になって、妻は山羊がいるという浜に行きました。しかし、そこで縛られていたのは山羊ではなく、棺の板切れでした。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system