一口拍子木
ひとくちひょうしぎ

 栃木県に伝わる怪異。曹洞宗大中寺の七不思議のひとつ。
 大中寺の東にある山から、拍子木の音が1回聞こえるというもの。これが聞こえるのは災いの前触れだと云われています。もしも拍子木の音が聞こえたときは、赤飯を門前の人たちに与えたり、何事も起きないように祈りをささげたりしたそうです。この音は住職だけが聞くことができたと伝えられています。
 「東山の一口拍子木」とも呼ばれます。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system