人魂
ひとだま


『今昔画図続百鬼』晦 「人魂」
鳥山石燕
【江戸時代】

 人の魂。
 『和漢三才図会』(1712)によると、人魂は丸く平らで、赤の混ざった青白い色をしているそうです。3丈から4丈ほどの高さのところを浮遊し、落下すると壊れてしまうそうで、落ちた場所には無数の黒くて小さい虫がいます。
 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)にも人魂が描かれ、「骨肉は土に帰し魂気の如きはゆかざることなし みる人速に下がへのつまをむすびて招魂の法を行ふべし」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)

関連頁
もののけが湧く書庫
 └ 人魂の一つの場合 寺田寅彦 1933年


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system