ヒンナ神
ひんながみ

 富山県に伝わる憑き物。「ヒンナ」は人形を意味します。
 ヒンナ神を祀る家は金持ちになると云われていて、どこかの家が突然裕福になったとき、人々は「あの家ではヒンナを祀っているな」などと噂したそうです。ヒンナ神を祀っていれば、何か欲しい物があった際、ヒンナ神がそれを運んできてくれます。そして、望みをかなえたヒンナ神は「次は何だ」と要求を催促します。しかし、良いことばかりではありません。ヒンナ神を祀った者は死ぬ際にとても苦しみ、やがて地獄に落とされてしまうそうです。
 佐伯安一の『礪波のヒンナ神』によれば、ヒンナ神として祀る人形は、墓地の土を3年の間に持ってきて3000人に踏ませたもので作るそうです。あるいは、7の村の7の墓地から土を持ってきて、人間の血を混入。それを自分の信仰する神の形にして、人がよく通る場所に埋め、1000人に踏ませるとも云われています。
 また、3寸くらいの大きさの人形を1000体つくって鍋で煮ると、1000の霊が宿った人形(コチョボ)ひとつだけが浮き上がるなどとも伝えられています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system