火間虫入道
ひまむしにゅうどう


『今昔百鬼拾遺』霧 「火間虫入道」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』(1781)に描かれている妖怪。
 「人生勤にあり つとむる時は匱からずといへり 生て時に益なくうかりうかりと間をぬすみて一生をおくるものは死してもその霊ひまむし夜入道となりて灯火の油をねぶり人の夜作をさまたぐるとなん 今訛りてヘマムシとよぶはへとひと五音相通也」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system