ひでりがみ


『今昔画図続百鬼』雨 「魃」
鳥山石燕
【江戸時代】

 『和漢三才図会』や『本草綱目』に記載されている、中国の妖怪。
 『本草綱目』によると、魃は身長が2、3尺あり、まるで風のような速さで走るもので、頭のてっぺんに目があります。また、これが出ると日照りになるそうです。
 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)にも魃が描かれ、「一名を旱母といふ もろこし剛山にすめり その状人面にして獣身なり 手一つ足一つにして走る事風の如し 凡此神出る時は旱して雨ふる事なし」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system