蛇蠱
へびみこ

 香川県の小豆島に伝わる蛇の憑き物。
 家筋に憑くものだとされ、これが憑く家筋の人間に恨まれた者は蛇蠱によって悩まされるようになり、やがて蛇に内臓を食われて死んでしまうそうです。
 昔、長持ちが1つ海岸に流れ着いたことがありました。村人たちはそれを欲しがり、互いに長持ちが自分のものであると主張。最終的に長持ちの中身をみんなで分け合うことになり、長持ちを開いてみると、中には無数の蛇がいて、長持ちを欲しがった人たちの家に入っていってしまいました。これが蛇蠱の始まりだと云われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system