橋姫
はしひめ


『今昔画図続百鬼』雨 「橋姫」
鳥山石燕

 橋を守る神。
 とても嫉妬深い神だとされ、『野宮』や『葵の上』などのような、女の妬みを基調としている謡を橋の上でうたったり、他の橋のことを褒めたりすると、恐ろしいことが起こると云われています。
 『艶道通鑑』には、京都にある宇治橋の橋姫のことが記されています。ある司の長男は、隣の家の娘と夫婦になる約束をしていました。しかし、彼は他の娘と契ってしまったので、隣の家の娘は怒り、貴船神社に参詣してから宇治川に七日七晩浸かると、生きたまま鬼となり、男性とその一族を呪い殺しました。その後、人々は娘の怨念を鎮めるために、娘を宇治橋の橋姫として祀ったそうです。宇治橋の橋姫は嫉妬深いので、婚礼のときは宇治橋を渡るのを禁忌とされていました。
 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)にも橋姫が描かれ、「橋姫の社は山城の国宇治橋にあり 橋姫はかほかたちいたりて醜し 故に配偶なし ひとりやもめなる事をうらみ人の縁辺を妬給ふと云」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system