般若
はんにゃ


『今昔画図続百鬼』雨 「般若」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鬼女のこと。
 能の世界では、般若は生成、中成、本成に分類されます。生成とは、『鉄輪』に登場する人妻などのような、悲しみと怒りの念をもった女のこと。中成は、『葵の上』の白般若、『紅葉狩』の赤般若、『安達原』の黒般若のこと。そして、『道成寺』に登場する、怒りによって蛇となった女などが本成とされています。また、『葵の上』『安達原』『道成寺』は「三鬼女」と称されています。
 「般若」という名前は、もともとサンスクリット語で、悟りを開く最高の知慧を意味していました。『嬉遊笑覧』や『善庵随筆』によると、般若が鬼女を表すようになったのは『葵の上』の影響だそうです。

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)にも般若が描かれ、「般若は経の名にして苦海をわたる慈航とす しかるにねためる女の鬼となりしを般若面といふ事は 葵の上の謡に六条のみやす所の怨霊行者の経を読誦するをききて あらおそろしのはんにや声や といへるより転じてかくは称せしにや」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system