墓の火
はかのひ


『今昔画図続百鬼』晦 「墓の火」
鳥山石燕
【江戸時代】

 鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』(1779)に描かれている火の妖怪。
 「去るものは日々にうとく生ずるものは日々にしたし 古きつかは犁れて田となりしるしの松は薪となりても五輪のかたちありありと陰火のもゆる事あるはいかなる執着の心ならんかし」 と記されています。

 


参考文献
本鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛 監修、稲田篤信 田中直日 編 (国書刊行会)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system