脛巾脱ぎ
はばきぬぎ

 和歌山県に伝わる怪異。『中南拾遺』に記されているもの。
 夜中に棕櫚山を歩いていると、いつの間にか脛巾(農作業の際や旅行に行く際などに足につける脚絆)が剥ぎ取られているそうです。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system