二口女
ふたくちおんな


『絵本百物語』二 「二口女」
桃山人・文、竹原春泉・画
【江戸時代】

 『絵本百物語』(1841)に描かれている妖怪。
 昔、下総の国(千葉県)に、自分の子にだけ食事を与えて、先妻の子にはほとんど食事を与えない継母がいました。そのうちに先妻の子は餓死。その49日後、男性が薪を割ろうと斧を振り上げたときに継母が後ろを通りかかり、斧が継母の後頭部に当たってしまいました。継母の頭にできた傷口はなかなか治らず、やがて唇のような形に変化し、骨が出てきて歯のようになり、肉が舌のようになりました。それからというもの、ある時間になると傷が痛みだし、食べ物を傷口に入れると痛みが消えるようになりました。やがて、傷口から声が聞こえるようになりました。何と言っているのか聞き耳を立てていると、傷口は「先妻の子を殺したのは間違いだった」と話していたそうです。
 挿絵には、頭の後ろに口のある女が、蛇のような髪で頭の後ろの口へ食べ物を運んでいる様子が描かれ、「まま子をにくみて食物をあたえずして殺しければ継母の子産れしより首筋の上にも口ありて食をくはんといふを髪のはし蛇となりて食物をあたへまた何日もあたへずなどしてくるしめけるとなん おそれつつしむべきはまま母のそねみなり」 と記されています。

 


参考文献
本竹原春泉 絵本百物語―桃山人夜話―』 多田克己 編、京極夏彦 ほか文 (国書刊行会)
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

 

inserted by FC2 system