ふすま

 新潟県の佐渡島に伝わる怪異。
 夜、道を歩いていると突然、巨大な風呂敷らしきものが被さるというもの。名刀で切りつけても切れませんが、鉄漿を一回でもつけた歯なら噛み切れると云われています。

 


参考文献
本妖怪事典』 村上健司 (毎日新聞社)
本日本妖怪大事典』 水木しげる 画、村上健司 編著 (角川書店)


もののけが集うホームページ

inserted by FC2 system